デパ地下のお惣菜に寄り添うワイン

デパ地下のお惣菜はお好きですか。
ここからは、15分ほど歩くと銀座三越があります。
何でもあって、きれいに盛られて、みんな美味しそう、目移りしますね。でも、お値段の方もなかなか。

ある時、賢い食通マダムが教えてくれました。
閉店30分前が狙い目と。
最近は閉店時間が早いので、ディナータイムにもぴったり。

マダムの超お勧めは、一番奥の方にある柿安ダイニング。和洋中フュージョンなおつまみが、バラエティ豊か。
ココだけの情報ですが、ある時間からなんでも3種類3パックで、とってもお得になるんです。

そこで今回は、デパ地下のお惣菜に寄り添うワインについて試してみました。

今回のチョイスはこちら。3種類3パックを2セットです。
手前左から、キンメダイのマリネサラダ、ローストビーフ、ハンバーグ。奥の左から海老マヨ、鳥から揚げ、マカロニサラダ。

これだけの種類を自分で料理することを考えたら、とっても感謝です。
お惣菜なので冷めていてもおいしいように、味付けはややしっかり。パックのままではワインの気分にそぐわないので、盛り付けました。

から揚げ、エビマヨ、ハンバーグは軽くレンジ。お惣菜たちの明るくにぎやかなイメージから、南フランスの大皿にしました。

今回は単品に合わせるワインではなく、全体的に合わせるワインとなります。
インターナショナルな代表的な品種は、香りと味わいの先入観が強いので、料理によって合う合わないを、はっきり感じてしまいそう。
そこで、なじみの薄いローカルな品種から選ぶことに。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です