牛肉の赤ワイン煮に寄り添うワイン

by A. Madoka

秋が深まり、煮込み料理が恋しくなってきました。
今回は赤ワインとの王道マリアージュ
牛肉の赤ワイン煮を作ってみたいと思います。

用意したのは、国産牛のすね肉。
できるだけ霜降りの多い部分を選びました。

牛肉800グラムに対して、赤ワイン600mlを
たっぷりと使います。

塩コショウをして小麦粉をまぶした牛肉の表面を
こんがりと焼きます。

同じフライパンにバターを溶かして、
ニンニクとタマネギを炒め、
刻んだトマトと赤ワインをひと煮立ちさせたら、
牛肉と一緒に、煮込み用の鍋で煮込んでいきます。

ごくごく弱火で、じっくりと1時間半。
途中でニンジンとブラウンマッシュルームも加えました。

とろみがついてきましたが、まだ少し水っぽかったので、
蓋を開け、強火で煮詰めて仕上げました。

トロリとしたブラウンソースに仕上がり、大成功。

さて、牛肉の赤ワイン煮には、
しっかりとしたタイプの赤ワインがよく合います。
選んだのは、アメリカ ワシントン州
ビューティー・イン・カオス シラー2017

ワシントン州最大のAVA(米国政府認定ブドウ栽培地域)
コロンビア・ヴァレー女性醸造家が手がける
シラー100%のワインです。

シラーで名高いワイン産地といえば、フランス南部ローヌ。
オーストラリアも有名で、こちらはシラーズと呼ばれ、
一般的にパワフルな味わいのワインが多いです。

今回のワインは、ローヌを意識したエレガントなスタイル
ワシントン州はシラーの栽培に適した産地として
近年注目を集め、カベルネ・ソーヴィニョン、
メルローに続き、盛んに栽培されています。

醸造家のアシュレイ・ボレン(=写真)は、
ワシントンワイン好きが高じて現地へ、
料理、ワイン、園芸を学び、
ワイン造りをスタートしました。

あわただしい現代社会のカオス(混沌)の中に、
美を見つけることで、癒しと安らぎをもたらしたい。

そんな願いから、デイリーに楽しめて感動のあるワイン
を追求しています。

ワインの色は深みのあるルビーレッド。
縁は紫色を帯びています。

グラスから立ちのぼるのは、カシスやブラックチェリー、
干しプルーンやヴァニラまで、甘く複雑な香り。

シラー特有のスパイスの香りもしっかりと感じられ、
ナツメグ、シナモン、クローブなど、
心地よく鼻をくすぐるような芳香があります。

口当たりはなめらかで、
最初に感じるのは、凝縮した果実味とコク

やがてスパイスの風味が広がり、
完熟フルーツとスパイスの調和
うっとりとするような長い余韻へ導きます。

お料理の登場です。

じっくり煮込んだ牛すね肉は、ナイフでほろりとくずれ、
やわらかく、肉の旨みをたっぷりと閉じ込めています。

ワインにとけ込みながら豊かに感じるタンニンが、
濃厚なお肉の煮込み料理を、いっそう引き立ててくれます。

タマネギの甘味がとけ込んだソースは香ばしくて、
フルーティーかつ熟成されたワインと抜群の相性。

今回使った香味野菜は、ニンニクとローリエ、
そして、たっぷりのタマネギ。
シンプルなぶん、ワインのスパイス感が、
程よいアクセントを添えてくれました。

タイムやセロリなどをふんだんに使って、
ワインの複雑味との調和を楽しむのも良さそうです。

それでは、みなさまの食卓が、
素敵なワインで心豊かになりますように。

ワインの詳しい紹介は、こちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です